練習し過ぎで「全身が痛い」と訴える中学生⇒短期間で改善!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!『古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院』です。
今回は、テニスの練習し過ぎで‶全身が痛い″という中学生のケースをご紹介します。
以前当院に通院されていたことがあるお母さんが心配して連れてこられました。

🔶テニスの練習し過ぎで全身痛! 動くのも辛い状態に‼
お母さんから話を聞いてみると「本人は将来テニスの選手になりたいらしくて、部活のテニス部の他クラブチームにも入っている。また、父親がテニス経験者で熱心に応援してくれていて、時間があればコートを予約し練習に付き合っている。その結果、練習時間が長くなり連休など一日8時間の練習が続くこともある。どう考えても練習のし過ぎだと思うが、少し前から身体全体が痛いと言うようになり動くのも辛いと言い始めた。二日後には学校で‶運動能力テスト″があり、来月にはテニスの大会もあるらしいので早く治してあげたい」とのこと。

来院のときの子供さんは、疲れ切ってようやく歩いているという感じで質問に答えるのもやっとという印象でした。

‶全身が痛い″ということだったので施術に入る前に治したい優先順位を尋ねたところ、1番は‶腕″、2番目は‶太もも″、3番目は‶すね″と‶ふくらはぎ″とのことでしたが、肩や背中もあちこち痛いので早く治してもらいたいということでした。

🔶初回の施術で辛い状態は解消!
初回の施術は、優先順位の高いところから当院独自の『トリガーリセット療法』で行いました。
傷み方が思ったよりも酷かったため優先順位の高かったところ以外の肩や背中などは施術出来ないで終わりましたが、施術後には「楽になった感じがする」とのことでした。歩く姿も普通に近く見えましたので、取りあえず辛い状態からは脱することができたようでした。
とは言うものの、本人はまだ自分の本来の力を出すことは出来ないと判断したみたいで、二日後に行われた‶運動能力テスト″はパスしたそうです。

🔶原因は練習し過ぎと、練習前後のストレッチ不足!
今回のケースは練習のし過ぎが根本的な原因だと思われましたが、良く話を聞いてみると、練習前後のストレッチは一応行うものの不十分であること、特に練習後のクールダウンが疎かになっていることが判明しました。このことが練習後の疲れた筋肉の改善を妨げている一因であるため、練習前後に効果的なストレッチをアドバイスしました。
また、そのストレッチが現在の症状の改善にも効果があることを伝え、実践するようアドバイスしました。

2回目来院時、まだ疲れたような様子ではありましたが、初回に施術した優先順位の高いところはかなり改善していましたので、初回に施術できなかった肩や背中など残ったところを重点的に施術しました。
施術後には「大分動きやすくなった」とのことでしたので、全身的に施術効果が出てきているように思われました。

🔶3回の施術で大幅改善!
3回目来院時には大きな変化が見られました。院内に入ってきたときの歩く姿や表情が元気な若者という感じに変わっていて、「大分動けるようになった」ということでした。お母さんも「大分いいみたいで、食欲も出てきて良かったです」とのことでした。完全とは言えないまでも全体的にかなりいい状態に改善していました。

3回目の施術の後、お母さんから「大分良くなったので少し様子を見たい」ということでしたので、再発したらすぐに連絡をしていただきたいということを伝え、教えていたストレッチを再度確認して施術を終了することにしました。

その後、お母さんからの連絡はありませんので再発しないで頑張っていることと思われます。

🔶最近、小中高生の受診が増加!
今回のケースのように最近は小中学生や高校生の受診が増えております。殆どがクラブ活動などのスポーツにおける練習のし過ぎや無理のし過ぎが原因で身体を傷めたケースが殆どです。

現在、子供のけがや事故防止のため、クラブ活動などスポーツの場での練習の在り方などの見直しが叫ばれていますが、家庭においても子供さんの健康を損なわないよう十分に気をつけていただきたいと思います。

🔶子供さんのご相談は是非当院へ!
当院では子供さんに対する施術も行っております。もし子供さんが練習のし過ぎなどで身体のどこかが痛いとか訴えられた場合には、しっかり対応させていただきますので是非当院にご相談ください。
ご連絡をお待ちしております。

  • URLをコピーしました!