当院の治療方法

古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院 当院の治療方法 イメージ画像

みなさまの健康のため私たちは常にベストを尽くします!

「すべては、みなさまの健康のために」の基本理念のもと、「3つのモットー」「7つのこだわり」で、地域のみなさまに信頼され愛される治療院であり続けたいと思っています。

治療法のベースはアメリカ発祥の手技療法ですが、実際にはさまざまな研究や経験等から生み出された、当院独自の「オリジナルなオーダーメイド治療」をあなたに提供します。

当院で行っている治療法

《カイロプラクティック+トリガーポイント療法(+α)》

当院はアメリカ発祥の「カイロプラクティック」と「トリガーポイント療法」をベースに「整体や最新の技術」などを組み合せた独自の治療法で、症状の改善だけでなくカラダ全体のトータルバランスを整え、「痛みの出ないカラダ作り」を目指す施術を行なっています。

施術に入る前にしっかり問診や検査を行ない、現在の症状や過去の症歴、カラダの状態や年齢等も考慮したうえで、最適と思われるオーダーメイドな治療プランを立てて施術をします。

手技に関しては、よくカイロプラクティック院や整体院で多く行なわれている、いわゆる「ボキボキ」には抵抗を感じる方に対しては、カラダの負担やリスクのない安心・安全な療法で施術を行なっています。

また施術以外にも、改善促進や再発予防のために自分でできる体操(ストレッチ、エクササイズ)を指導したり、正しい姿勢や歩き方、立ち方・座り方など生活習慣の指導も力を入れています。
施術だけでなく、これらのアフターケアが治療の一環としてしっかり組み込まれているのも当院の特長です。

【カイロプラクティック療法】CHIROPRACTIC THERAPY

「カイロプラクティック」とは、約100年前にアメリカで始まった西洋医学に属する手技療法で
主に骨格調整、筋肉調整により様々な症状の改善をはかる治療法です。

ギリシャ語でカイロは「手」を、プラクティコスは「技術」を意味し、これを組み合わせたのが「カイロプラクティック」の語源です。

「カイロプラクティック」は薬を使わず手術も行ないませんが、その目的は人間が生まれつき持っている自然治癒力を回復させ、症状を自律的に改善させるところにあり、予防医療としても世界的に認知されていて副作用などの心配もありません。

※残念ながら日本では健康保険の対象にはなっていませんが、アメリカをはじめ諸外国では保険も利き診断も出来るように、医療行為の一環として広く認知されている治療法です

【トリガーポイント療法】TRIGGER POINT THERAPY

「トリガーポイント療法」とは、筋肉の中にできた硬結(固まり)を緩めて解消することで、その硬結が原因となって出てくる痛みやしびれなどの症状を改善させるアメリカで体系付けられた手技治療法です。

開院以来、この治療法を軸に施術してきましたが、他に取り入れているさまざまな技術の中でも、一番即効性や治療効果があり、患者さんにお喜びいただいている治療法なので、力を入れ時間もかけ自信を持って施術しています。
※最近は日本の医学界でもその即効性や治療効果から大変注目を浴びている治療法です

筋肉内の硬結を「トリガーポイント」と呼びますが、「トリガーポイント」自体が筋肉の痛みを引き起こし、遠く離れた場所に関連痛を飛ばすことが特徴的で、カラダに生じる痛みやしびれ、コリ感や重だるさなど違和感の原因になります。

「トリガーポイント」が発生した筋肉は硬くなり慢性的な血流不足の状態にあるため、施術によって筋肉内の硬結を緩めて血行を促進させながら「トリガーポイント」を弛めて消滅させていき、痛みの引き金になっている原因を取り除くというのが「トリガーポイント療法」の特長です。

※病院や整形外科の診察で行われるレントゲン(X線)撮影・CT・MRIの画像検査等では、この筋肉の硬結の状態まで判別できないため、患者さんご本人が異常を感じていても”特に異常なし” とか ”骨は問題ない” 等の診断により痛み止めの薬を服用し、湿布薬や低周波治療、けん引等をしたがなかなか治らない…という方が実際かなり多くいらっしゃいます。

また、MRI検査で”椎間板ヘルニア”と診断された方や、レントゲン(X線)検査で”ヘルニアっぽい”とか”腰椎分離症”や”腰椎すべり症”と診断されたが、なかなか腰痛や足の痛みやしびれ感が取れない方でも、当院で改善された方がたくさんいらっしゃいますし、効果が期待できる治療法です。

※世界的に権威のある最先端の腰痛治療のガイドラインでは、健常者(特に痛みも何も感じてない普通の人)の76%に椎間板ヘルニアが見つかり、85%に椎間板変性(首(頚椎)にいたっては90%)が認められ、

◎【ヘルニア】等と診断されても、それが真の原因でない腰痛や症状が実際にはたくさんある◎

という研究結果が報告され、今では世界の腰痛治療の常識となっています。※手術でヘルニアを切除しても治らない場合があるのはこのせいです

そのような方々の症状の真の原因は「トリガーポイント」や、その他の心理的ストレス・社会的要因の場合があります。
※ヘルニアが神経を直接圧迫して重篤な症状が出ている場合は、適切な医療機関をご紹介いたします

【病院の検査で見逃されがちなトリガーポイントによる症状の代表例】
肩や首のコリ(硬結)が原因で発生する 頭痛(筋肉による緊張性頭痛
腰やお尻(臀部)のコリ(硬結)が原因で発生する 腰痛・足の痛みやしびれ感(坐骨神経痛等)
太もも(大腿全面)の筋肉の緊張が原因で発生する 膝の痛み

■トリガーポイント

「トリガー」は引き金という意味で、問題となる硬結を刺激すると、まるでその硬結が引き金を引いたように、そこ自体を押された圧痛のほか、症状が再現したり遠く離れたところにまで痛みやしびれ、響く感覚などの関連痛を飛ばすことがあるため、その硬結を「トリガーポイント」と呼んでいます。

■トリガーポイント形成の原因

筋肉に対する過度の収縮や伸張、または弱い収縮や伸張でも同じ動作の繰り返しや同じ姿勢を続けるなどの同じ状態の長時間維持、あるいは外傷などによる小さな損傷などが原因で筋肉が虚血状態(血流不足)に陥り「トリガーポイント」が形成されます。

また、冷えやストレスも血管を収縮させ血流を低下させるため、「トリガーポイント」の形成を助長することになります。

■トリガーポイント形成のメカニズム

筋肉の過度の収縮や伸張、外傷などで筋組織に小さな損傷(キズ)が発生すると、その周辺にカルシウムイオンが放出されて筋肉が持続的に収縮するために毛細血管が圧迫され続け、筋肉は酸素不足・エネルギー不足に陥って老廃物が蓄積され発痛物質が生まれます。

また、繰り返しの反復動作による筋肉の連続的収縮や長時間同じ姿勢を維持するような持続的収縮では、AIPというエネルギーが不足するため、筋肉の収縮・弛緩を行なうシステムが働かずに収縮したままになり、過度の収縮や伸張、外傷などによる小さな損傷(キズ)が発生したときと同じ状態に陥ります。

このように筋肉が持続的に収縮した結果、過度に短縮した硬結部分(コリ)が生まれ、そこが「トリガーポイント」そのものになります。「トリガーポイント」が形成されると、痛みやしびれやコリやだるさなどが発生するとともに、筋肉が収縮するために関節の可動域が制限されたり筋力の低下が見られます。

「トリガーポイント」には自発痛を伴う活動性トリガーポイントのほか、自発痛のない潜在性トリガーポイントが存在し、何らかのストレスなどの刺激を受けて活性化することもあるので注意が必要です。