スタッフ プロフィール

1日も早く健康的な生活に戻られるよう
全力でサポートします!

当院は施術等全般をカイロプラクターである私、「院長」が全て責任を持って担当します。

基本的には私が対応いたしますが、赤ちゃんや小さいお子様の「見守り保育」が必要な場合は妻がサポートすることにしております。

「確かな技術・丁寧な施術・誠実な対応」をモットーに、「早期改善・根本改善・再発防止」を心がけ、みなさまとのコミュニケーションを十分に図りながら対応して参りますのでどうぞ安心してお任せください。

古川カイロプラクティックセンター さいたま整体院院長 古川 幹夫
院長   古川 幹夫
FURUKAWA MIKIO
【 経歴・資格 】
福岡県立山門高等学校 
熊本大学法学部 卒
■大川カイロプラクティック専門学院 卒
古川カイロプラクティックセンター さいたま整体院 院長
 
【日本カイロプラクティック医学協会】
認定 カイロプラクター〉
——————————————————–

私の出身は福岡県です。 「博多なす」や「高菜漬け」の名産地で邪馬台国の説もある山門(やまと)郡瀬高町(現、みやま市瀬高町)が生まれ故郷です。現在は大宰府天満宮にも近い福岡県の南部に位置する小郡市に実家があり、そこには母と弟家族が住んでいます。

学生時代を4年間熊本で過ごしたあと、就職のため上京し東京、大阪、福岡で勤務しました。

岩槻には平成元年、東京都清瀬市から引越してきました。住所は本丸3丁目で治療院のすぐ近くです。

家族は妻と息子が2人で、長男は東京都内で飲食業(焼鳥ダイニング‟だんどり”)を営んでいます。次男は2005年当地に開院以来12年間副院長として一緒に働いてきましたが、2017年大宮駅近くに分院としてVIDAカイロプラクティック大宮整体院をオープンしました。

自宅には愛犬のトイプードル(2006年生まれのメス、体重2キロ超)がいますが、2020年5月に大病を患い一時寝たきり状態になりました。その後大分回復したものの自由に走り回ることが出来なくなりました。一緒に散歩などは出来なくなりましたし何かと手も掛かるようになりましたが、私どもにはかけがえのない家族の一員でありいつも癒してくれています。

私の現在の趣味は熱帯魚や家庭菜園、ゴルフなどですが、心身の健康のためには趣味も大きな要素となりますので、今後更に趣味の充実を図っていきたいと思っています。

私はサラリーマンからこの業界へ転身しましたが、会社勤めをしていた頃にギックリ腰や辛い腰痛に長年悩まされ続けたことも、この仕事を選んだ理由の一つです。

辛い痛みから解放されたときの喜びは実感として本当によく分かりますので、皆さまの健康回復のお手伝いができることに大きなやり甲斐と喜びを感じています。

当院は開院以来多くの方々にご来院いただいておりますが、今後とも「確かな技術」「丁寧な施術」「誠実な対応」の3つのモットーを貫いて、末永く地域の皆さまに愛され信頼される治療院であり続けたいと思っています。

今後も「みなさまの健康と笑顔」のため誠心誠意取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。。