「首痛、背中痛、腕のしびれ」の30代男性 ⇒ 「斜角筋」の施術で改善!

こんにちは! 「古川カイロプラクティックセンター さいたま整体院」です。

今回は、”首、背中の激痛、腕のしびれ”が「斜角筋」の施術で改善したケースを紹介します。
患者さんは
車の板金塗装の仕事をされている30代男性です。

🔶首、背中に激痛! 腕にもしびれ!

【症状と経緯(申告に基づく)】
・1か月前右甲骨の上が痛くなる。その後、右肩から背骨一帯に痛みが広がる。
・仰向けもうつ伏せもダメで横向きで寝てるが、途中で目が覚めて眠れなくなるのが一番つらい。
・最近は寝起きにも激痛。日常生活にも仕事にも大きな支障。
今朝は起き上がれず。二の腕もイタだるくなってきた。痛みに強い方で我慢してたがもう限界。

【検査結果】
首の可動域は非常に狭い。特に前後には殆ど動かず。
・背骨から左右の肩甲骨にかけて圧痛。左右の上腕の後ろ側にも圧痛。
「斜角筋」(首の斜め前の筋肉)の特に左側に強い圧痛。押すと上腕裏側にしびれ。

【施術内容】
・当院独自の『トリガーリセット療法』で施術
・症状の原因になったと思われる斜角筋」と圧痛の出た筋肉を中心に施術。

🔶首(斜角筋)の施術で改善!

【施術結果】
初回で痛みがかなり軽減、寝起きの動きもOKに
・最もつらかった不眠症状は、初回施術の夜から眠れるよう改善。
・右側の症状は早々に改善したが、途中から左側の首、肩、背中に痛み、二の腕にしびれ。

・左側の症状改善に時間を要した。(検査時に左斜角筋の方の圧痛が強かったのはその表れか)
・全体的に改善まで想定以上の時間がかかった。(仕事内容に変化がなかったため身体の負担が減らなかったのが原因と考えられる)
2ヶ月で殆ど改善。(別の仕事絡みの症状改善のため、継続通院中)

【考えられる原因
「斜角筋」(首の骨と肋骨をつなぐ首の斜め前の筋肉で、肋骨を持ち上げる役目)を傷めたこと。

【その理由】
・車の板金塗装は両手を挙げながら行う重労働であることから、肋骨を持ち上げる「斜角筋」に過剰な負担がかかって傷めたと思われること。
「斜角筋」を傷めると、肩、背中、腕等、今回の発症部位と同じところに痛みやしびれが出ることが証明されていること。(『トリガーポイント・マニュアル』掲載の《「斜角筋」と症状の出る場所》)

手のしびれの原因、斜角筋のトリガーポイントについて | 右京区平川接骨院/鍼灸治療院グループ

【まとめ】
・当院独自の『トリガーリセット療法』の元となる『トリガーポイント療法』の理論に基づいた分析によって、症状発生の原因となっている筋肉が特定できたことが早期改善につながったと思われる。

・作業内容が上体に大きな負担をかけるものだったため、施術以外にも、作業時の姿勢やストレッチの指導を行って早期改善・再発防止を図ったのも効果的だった。

・仕事に関係して発生したと思われる他の症状(肩関節痛、腰痛、臀部痛、足首痛、指痛、ばね指等)もこの機会に改善することとして継続通院中であるが、多くは改善しまたは改善中である。

【当院からのメッセージ】
・当院は根本原因を究明・改善し、早期改善、再発防止を図ることが最も大切だと考えております。
・原因が良く分からない症状やなかなか改善しない症状にお悩みの場合、是非当院にご相談ください。
・誠心誠意、しっかり対応させていただきますのでお気軽にご連絡下さい。ご連絡お待ちしております。