「臀部痛」⇒「お尻が痛い」原因はスクワット?/さいたま市岩槻区の60代男性

◆フルスクワットでお尻を傷めた!

「スクワットしたからか、歩いても座ってててもお尻が痛い。」と、さいたま市岩槻区の60代男性が来院されました。

「以前から大きく曲げないハーフスクワットをやっていたが、最近テレビで大きく曲げるフルスクワットがいいと聞いたのでやってたら右のお尻が痛くなった。歩いてても座ってても痛い。フルスクワットで大殿筋を傷めたと思う。」とのことでした。

そこで右の大殿筋と太ももを施術した結果、施術したところは改善しましたが、今度は「お尻の下の方が痛く感じる。」とのこと。

◆大殿筋ではなく外旋筋が傷んでた!

細かくチェックしてみたところ、お尻の下部にあり足を外に開く外旋の働きをする複数の筋肉(外旋筋)が傷んでいることが確認できました。

ご本人は左側は問題ないとのことでしたが、スクワットが原因なら左側も傷んでいるのではないかと考え左のお尻をチェックすると、やはり同じところが傷んでいました。

そこで左右の傷んでいる外旋筋を施術したところ、施術後には殆ど痛みが出なくなったと大変喜んでいただきました。

◆勝手なアレンジが痛みの原因!

唯なぜ足先を広げる働きの外旋筋が傷んだのかが分からなかったので、「フルスクワットしたとき、足先を外側に開いてませんでしたか?」と尋ねたところ、「テレビの内容を自分なりにアレンジして、足幅を広くしたり足先を外に開いたりしてやってた。」とのことでした。

勝手にアレンジしたこうしたやり方がお尻の大殿筋や外旋筋に負担をかけることになり、お尻の痛みを引き起こしたことがはっきりしました。

ご本人は「より効果が出ると思って勝手にアレンジしたが、これからは教えに忠実に従ってアレンジしない。」と反省しておられました。

健康の維持・増進には適度な運動は不可欠ですが、この方のように勝手にアレンジすると効果どころか逆効果にもなりかねませんので皆さまもご注意ください。

◆徹底した原因究明と納得いく治療は、当院で!

当院ではこの方のケース同様に、症状の発生した原因をお互いが納得できるレベルまで徹底的に究明し、「早期改善」「根本改善」「再発防止」につなげております。

治療機関に対し、徹底した原因究明と納得のいく治療をお望みの場合は、是非「古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院」にご相談ください。

しっかり対応させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ご連絡お待ちしております。