院長ブログ

「ヒザ痛(膝痛)」でつかまらないと立ち上がれない⇒太もも施術で改善!/さいたま市岩槻区の60代女性

こんにちは、古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院です。

今回は「右ヒザが痛くてつかまらないと立ち上がれない。」と訴えられる、さいたま市岩槻区にお住いの60代女性のケースをご紹介します。

数年前からヒザが、痛いたい

ご本人の説明では、「数年前から少しずつヒザが痛くなって、ヒザを曲げるのも立ち上がるのも辛い。正座した後で立ち上がろうとすると何かにつかまらないと立ち上がれないので、ずっと正座はしていない。物を落として取るときには、右ヒザが痛くて曲げられないので右脚を横にずらして左脚を曲げて物を取るが、そのときも何かをつかむか支えにして左脚だけで立ち上がるしかない。高い階段は脚を上げること自体が大変で、これから先のことを考えるとすごく心配。」とのことでした。

検査・施術

ヒザの検査ではヒザ関節自体には問題がないことが確認されたため、「ヒザ痛」の原因になりがちな太ももを検査したところ、ヒザの曲げ伸ばし、特に伸ばすときに使う筋肉が異常に硬くなっていることが確認されました。

施術は痛みの原因と思われる太ももの前面と後面の筋肉に対し「トリガーポイント療法」にて行いましたが、1回目の施術が終わった時点で「楽になった感じ。」と仰っていただきました。確認のため実際に膝を曲げて屈んだ後立ち上がってもらいました。ゆっくりした動きで少々痛みは感じられたようですが、屈むときも立ち上がる時も何にもつかまらずに出来たので驚いておられました。

その後も数回太ももの施術を継続して行いましたが、ほとんど違和感なくヒザの曲げ伸ばしが出来るまで改善されたのでとても喜んでいただいております。

そもそも何故太ももが硬くなってしまったのかは随分前のことではっきりは分かりませんでしたが、畑仕事とお孫さんの世話が重なった時期だったとのことだったため、恐らくそれらが原因だったのではないかと思われます。

今回のように、ヒザ自体が原因ではないケースも

この方のように「ヒザ痛」だとして来院されても、実際にはヒザの関節自体が悪いのではなく太ももの筋肉の問題が痛みの原因になっていることが結構多くあります。太ももがヒザの安定に大変重要な役割を果たしているので、太ももに異常があるとヒザに症状が現れる場合が良くあります。そのため、この方のようにヒザが悪いと勘違いされることが良くある訳です。

様々な症状でお悩みの方がおられると思いますが、本当の原因がはっきりしない状態のまま治療が行われるケースも考えられます。当然、そういう場合は適切な治療が施されない可能性があり得ます。

当院ではまずご本人のカウンセリングをしっかり行ったうえで身体の検査を行います。痛みを出している場所を確認するとともに何故そこが痛みを出しているのか傷んでいるのか、何が本当の原因なのかを慎重に見極めたうえで最も適切と思われる療法で施術することにしています。

身体の痛みで、お悩みの方は当院へ

当院では常に本当の原因を突き止めることを心がけています。それは皆様の健康的な生活をサポートするうえで大事なポイントである早期改善と再発防止につながるからです。

身体に不調を感じておられるようでしたら、本当の原因を突き止める努力を怠らない「古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院」にぜひご相談ください。当院のモットーである「確かな技術、丁寧な施術、誠実な対応」でしっかり対応いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の院長ブログ

ブログカテゴリー

キーワード

治療院情報

アクセス・地図

古川カイロプラクティック
センター
さいたま整体院

〒339-0058

埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-24-32

電話番号 048-756-1371

[受付時間]

平日 9:00~20:00
土曜 9:00~17:00

[休診日]

火曜 / 木曜 / 日曜
年末年始 / お盆