院長ブログ

「臀部痛」お尻の凝りが10年も前から気になってる/さいたま市岩槻区の50代女性

こんにちは、古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院です。
今回は、「10年も前からお尻の上の方が凝っていて、ダンスをするときに十分に動けなくて困ってる」と訴えられる、さいたま市岩槻区にお住いの50代の女性のケースをご紹介します。

お尻の凝りが気になっっていて、ダンスをする時に思うように動けない

お話を伺ったところ、社交ダンスを20年以上やっていている。それ前はプロとして競技ダンスをやっていた時もあった。今は趣味としてやっているが、お尻の上辺りが凝ってる感じ踊る時に思うように動きにくい、可動域が邪魔されている感じがする。プロとしてやってたプライドもあるので、恥ずかしくない踊りを見せたいのにそれができないジレンマに陥っている。

先月他県から岩槻に引っ越してきたばかり。前に住んでたところで行っていた整体にも訴えていたが全く良くならなかった。できることならお尻の凝りを感じなくて踊れるようにしてもらいたいとのことでした。

検査・施術

身体のチェックをしたところ、背中と腰の骨が曲がった側弯状態にあり、腰の上部とお尻の上部に硬結(硬くなっている部分)が確認できました。姿勢の写真では、上体が前傾しており背中の上部が猫背状態であることも確認できました。検査の結果では、かなりゆがんだ状態でダンスを続けてこられたのではないかと思われました。

初回の施術は、まず側弯している背中と腰の骨の矯正を行い、その後に腰とお尻の凝りに対する施術を中心に行い終了しました。

2回目の施術時には側弯は解消しておりましたので、腰とお尻を中心に施術を行いました。

4回目の施術時まではダンス時にまだお尻の凝りを感じるとのことでしたが、5回目の施術時には腰もお尻の硬結もかなり改善しており、ご本人も凝りを感じないで踊れるようになったと仰っていました。

新しい場所での発表会を控え、「凝りを気にしないで思うように踊れるようになった。」と大変喜んでいただきました。この方の生き甲斐の一つである、大切な趣味を思う存分楽しんでもらえるお手伝いができて本当に良かったと思います。

この方の場合、お尻の凝りが取れなかった原因としては、過酷なダンスの練習でお尻の筋肉が硬くなり、それが加齢による回復力の衰えや適切な治療が受けられなかったことが考えられます。

他の整体で治療していて、なかなか治らない場合は当院へ、一度ご相談ください

この方のように治療していてもなかなか治らないような場合には、ぜひ「古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院」にご相談ください。この方のように短期間でお悩みを解決して差し上げられるかもしれません。

その他、さまざまな身体の不調を感じられる方もご相談ください。多くの方のお悩みを解決してきた実績がありますのでどうぞお気軽にご相談ください。

ご連絡をお待ちしております。

最新の院長ブログ

ブログカテゴリー

キーワード

治療院情報

アクセス・地図

古川カイロプラクティック
センター
さいたま整体院

〒339-0058

埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-24-32

電話番号 048-756-1371

[受付時間]

平日 9:00~20:00
土曜 9:00~17:00

[休診日]

火曜 / 木曜 / 日曜
年末年始 / お盆