中学生の「ヒザ痛」!⇒太ももの施術で改善!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!『古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院』です。
今回は‶中学生の「ヒザ痛」″のケースをご紹介いたします。当院に通院されていたお母さんが連れてこられました。

🔶「ヒザ痛」の原因は縄跳びの三重跳び!
本人は野球部に所属する中学2年生です。「4カ月ぐらい前、脚を鍛えようと縄跳びで3重跳びをやってたらヒザの内側が痛くなった。少し痛い状態のまま野球の練習を続けてたら段々痛みが強くなったので1ヶ月前に病院に。半月板に異常はなく筋肉疲労と診断され湿布してたが治らない。1ヶ月ぐらい練習を休んでいるが、すぐに学校の持久走のテストや野球の大会もあるので早く治したい」とのこと。

🔶痛いのはヒザの内側、傷んでいたのは太ももの筋肉!
下半身中心にチェックしてみると、両ヒザの内側に圧痛があり、太ももの前の筋肉、特に内側の筋肉がかなり傷んでいることが確認できました
その他、X脚気味であることが確認できました。X脚だと跳びはねたときヒザの内側に負担がかかるために内側が傷みが出たものと思われました。

🔶施術で痛みは消滅!
初回の施術は、傷めた筋肉を中心に当院独自の『トリガーリセット療法』で行いましたが、施術後「痛みは殆ど感じなくなった」と大変喜んで帰っていただきました。

🔶‶試し走り″で痛みが再発!
ところが2回目来院時、「施術の翌日、持久走テストで走れるかどうか試しに走ってみたらまた痛くなった」とのこと。無理しないようにとは伝えていましたが、まさか施術後すぐに走るとは思っていませんでした。試し走りにするにはやはり早過ぎたようです。
2回目施術後も痛みは出ない状態で帰っていただきましたが、学校の持久走テストの方はその日走れる自信がなかったらしく延期してもらったそうです。

3回目来院時、‶もう良くなっているだろう″と思っていたところ、今度は「左ヒザの横ではなく、ヒザの後ろが少し痛くなった」とのこと。新たな訴えに‶どこが?″と思いながらヒザ裏をチェックしたところ、確かにヒザの後ろの内側にある筋肉が傷んでいることが確認できました。
この筋肉はお尻の下からヒザの裏内側に通っている筋肉で、飛んだり跳ねたりするときに働く筋肉です。走る時にも働く筋肉なので、最初3重跳びの時に傷めたがその時は痛みを感じる程度ではなかったものが、試し走りでまた傷めたため痛みを感じるようになったものだと思われます。

🔶野球ができるまでに改善!
3回目の施術は太もも裏の傷めた筋肉を中心に行いました。施術後にスクワットをしてもらい改善状態を確認しましたが「両ヒザの上に軽い痛みを感じるが、走ったりするのは大丈夫な感じ」とのことでしたので、無理をしないで段階的に負担を増やしていくようアドバイスをしました。

4回目の来院時にはその効果もあったようで「段々と痛みを感じなくなって野球の練習もできるようになった」とのこと、当初の目標を達することができたので4回の施術で終了といたしました。

🔶小中学生の来院が増加!
今回のように、最近は小中学生が学校のクラブ活動やクラブチームの活動で身体を傷めて来院されるケースが増えています。

🔶原因は運動前後のストレッチなどの不足⁉
その原因ははっきりは分かりませんが、運動前のストレッチや運動後のクールダウンなどメンテナンスを十分にやっていないのは共通していました。
当院に来院された当人や親御さんにはその都度アドバイスしておりますが、皆さまのご家族の中に運動を頑張っている子供さんがおられたら、是非、運動前後のメンテナンスを怠らないよう指導してください
大人でも同じことが言えるので大人の皆さんもお気をつけ下さい。

当院は子供さんにも対応しておりますので、子供さんに異常があるような場合は是非ご相談ください。
しっかり対応させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ご連絡をお待ちしています。

  • URLをコピーしました!