院長ブログ

「首痛」「腕痛」は‟斜角筋症候群”だった!詳細な「ヒアリング」が大切!/春日部市40代男性

今回は、当院のある岩槻区の隣、春日部市にお住いの40代の男性の症例です。

左の首に痛みから、左の腕までに痛みが


2週間ぐらい前、朝起きたら左の首に痛みを感じたとのこと。左の首の痛みは強くなく、長くも続かなかったので、その時は気にしていなかったそうです。その1週間後ぐらいに今度は左の腕(上腕)が、突然痛くなってきたと思ったら、同じように左の首までまた痛くなってきてしまったようです。

首も腕も、朝とか寝る時などには痛みを感じることがあるものの、仕事中は気になることはない。そのうちに治るだろうと思い、とりあえず湿布をしたのですが改善しなかったとのこと。

原因に思い当たることはなく症状も良くならない。このままでは治らないと思ってクチコミサイト「エキテン」を検索、当院のホームページを見つけ、ご連絡したそうです。

初回

身体検査

カウンセリングの後の身体のチェックで、左足の方が右足より少し長いこと、背中全体が硬い板のような状況になっていること、そして左首と左腕(上腕)に強いこり(張り)があることが確認できました。

足の長さの差(脚長差)があったので、まずその調整をすることにしました。脚長差は多くの場合、骨盤の歪みが原因になっていることが多く、この患者さんにも同様に骨盤の歪みがあったのでそれを矯正、脚長差はなくなりました。

「痛み」の症状について聞く

首と腕への施術に際して「どんな感じの痛みですか?」と質問したところ、「分かりやすく説明するのは難しいが、筋肉痛みたいな感じかな。」との答えでした。私の方でも、これは一般的な筋肉症状だろうと判断し施術に入りました。
この時に曖昧なままにせず、もっと詳しく症状を聞いておけば良かったと後で後悔することになりました。

施術開始

一般的な筋肉症状を当院の「トリガーリセット療法」で施術した場合、施術中に患部の圧痛が一旦無くなるか、かなり軽減するのがほとんどです。
この患者さんの場合はそうはなりませんでした。首の方の圧痛は一旦無くなりましたが、腕の方はひじ近くの圧痛が半分くらいまでしか軽減できなかったのです。

二回目

改善されなかったとのこと

2回目、患者さんの表情は暗く、第一声も不安そうな声で「前とあまり変わらなくて、痛みが出てます。」ということでした。これを聞いて、施術内容が症状に合わなかったと思いました。

改めて、どういう「痛みの感じ」を聞く

マッチしなかった原因は、患者様の痛みの感じを、一般的な筋肉症状と判断したからと反省し、改めて「痛みの感じ」について、より詳しく教えて頂けるようお願いしました。
すると、今回は「単に痛いという感じではなく、しびれたような痛いような変な感じが腕の中の方でしてて、何もしなくてもずっと感じてる。」との答えが返ってきました。

この患者様の答えを聞いて、これは一般的な筋肉症状ではなく、神経的な症状が出ている可能性がありそうだと。首が痛く腕にしびれに似た痛みを常に感じるということから、「斜角筋症候群」ではないだろうかと思いました。

斜角筋症候群について

「斜角筋症候群」とは首の筋肉の一部の「斜角筋」が硬くなることにより、首や腕や背中や胸に痛みや違和感やしびれ感を感じたり、時には腕に力が入らなくなったりする症状です。当院の症例としては、余り多くないものです。

患者さんに「斜角筋症候群」に症状が似ていることを伝えて、斜角筋をチェックさせてもらったところ、左の斜角筋には強い圧痛があるものの右にはほとんど圧痛はありませんでした。左の「斜角筋症候群」の可能性が高いと判断し、その改善のための施術を行ないました。

「すごく楽になったと」の声に安堵

施術の途中、患者さんから「変な感じが薄れてきた。」と言われたときは本当にか「すごく楽になった。」とかの声を聞くことができたときは本当にうれしかったですね。
ただ、初回に詳しく症状を聞ききれなかった悔いも感じました。それ以上に2回目に出した判断に間違いがなかったと、安堵しました。

患者さんの喜びの声を聞けたことが何よりでしたが、私自身も大きな喜びを感じることができた瞬間でした。

「はっきり表現できない」痛みでお悩みの方、ご相談ください

今回は改めて、ヒアリングの大切さを感じ反省しました。でも、痛みの表現って、なかなか難しいですよね。私も病院にかかる時に、お医者さんから「どのような痛みですか?」と聞かれた際に、戸惑ってしまいうことがあります。

以前日経で「伝わるかで治療に差 「痛み」の伝え方7つのポイント」という記事が掲載されていたので、痛みの表現に困ったら、こちらもあわせて参考にしてみてください。

「ジンジンするような」「刺されたような痛み」「じわじわとくる痛み」・・・日本語の痛みの表現の方法ってたくさんあります。
痛みは、痛みを感じている本人しかわからないことなので、表現することは、とても大切です。我慢せず、おっしゃってください。

もっと詳しく症状を確認し正確な判断ができるよう努めて参ります。
はっきり表現できない症状の方も「古川カイロプラクティックセンター さいたま整体院」をどうぞよろしくお願いいたします。

最新の院長ブログ

ブログカテゴリー

キーワード

治療院情報

アクセス・地図

古川カイロプラクティック
センター
さいたま整体院

〒339-0058

埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-24-32

電話番号 048-756-1371

[受付時間]

平日 9:00~20:00
土曜 9:00~17:00

[休診日]

火曜 / 木曜 / 日曜
年末年始 / お盆