院長ブログ

「脚のつけ根」が痛い!原因は「腸骨筋」でした/さいたま市岩槻区の50代女性

こんにちは、古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院です。

今回ご紹介するのは、さいたま市岩槻区にお住いの50代の女性のケースです。職業は保育士さんです。

「右脚のつけ根」が痛く、長時間歩くと痛い

1年ぐらい前から「右脚のつけ根」が痛くなった。長時間歩くと痛みが増す。右脚が重く感じて上げにくいときがある。原因不明。股関節が悪いのではないかと思うとのことでした。

股関節の動きを検査してみましたが、わずかに曲げにくい感じはあるものの可動域には問題なく、股関節が原因の痛みではない可能性が高いと判断しました。

実は、「脚のつけ根」が痛いと訴える方は多い

このように「脚のつけ根」が痛いという訴えは案外多いです。

股関節の辺りに痛みを感じるために、ほとんどの方が股関節が悪いと思っているようです。

しかし、実際には股関節が問題ではなく、股関節のすぐ近くを通っている「腸骨筋」という筋肉が硬くなったことが、原因になっているケースが多くあります。

「腸骨筋」とは骨盤の内側から股関節の横を通って大腿骨の後ろ側に付いていて、脚(膝)上げるときに使われる筋肉です。この筋肉が傷むと足が上げづらくなったり足幅が狭くなったり、上げたつもりの足が上がってなくてつまづいたりします。
「腸骨筋」を傷める原因としては、足を上げる動作のし過ぎ(オーバーワーク)が考えられますが、股関節を深く曲げる姿勢を長く続けたり、繰り返し行ったりすることが原因になっているケースが多いように感じます。

この方の場合も「腸骨筋」が原因のケースでした。施術を始めると、右の「腸骨筋」に強い圧痛がありましたが、「トリガーポイント療法」で施術をしたところ、施術直後には痛みは激減していました。

保育士さんなので、子供の目線にあわせるため股関節を深く曲げて身体を低くすることが多く、「腸骨筋」を傷めてしまった原因ではないかと思われます。

原因が分かったうえ、早く痛みがなくなったので大変喜んでいただきました。

「脚のつけ根」が痛いと悩んでいる方は、当院へ

「脚のつけ根」が痛いと感じられた場合、股関節が悪いと感じられることが多いと思いますが、実際には股関節ではないケースの方が多いと思いますので、ぜひ当院にご相談ください。しっかり対応させていただくます。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新の院長ブログ

ブログカテゴリー

キーワード

治療院情報

アクセス・地図

古川カイロプラクティック
センター
さいたま整体院

〒339-0058

埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-24-32

電話番号 048-756-1371

[受付時間]

平日 9:00~20:00
土曜 9:00~17:00

[休診日]

火曜 / 木曜 / 日曜
年末年始 / お盆