院長ブログ

「腰痛」、実際は「臀部痛」、かばって腹筋まで傷めることも/さいたま市岩槻区の50代男性

こんにちは、古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院です。
今回は「仕事で重いものを持ってたら腰が痛くなった。前にも後ろにも曲げられない。」と訴えられる、さいたま市岩槻区にお住いの50代男性のケースをご紹介します。

腰が痛くなり、朝になったら起き上がるのも大変に

お話では、「昨日仕事で重いものを持って動かしていたら、夕方から段々と腰が痛くなり今朝になったら起き上がるのも大変になっていた。前にも後ろにも曲げられない。真っすぐ立てない。仕事に支障があるので早く治したい。」とのことでした。

検査・施術

身体をチェックしてみたところ、ご本人が訴えられていた腰の部分は大して傷んでなく、自覚の少なかった左のお尻が傷んでいることが確認できました。

初回の施術は左のお尻を中心に行いました。施術が終わった時点で施術効果確認のため身体を動かしてもらったところ、腰も伸ばせて前屈もできるまで改善できていましたので、ご本人からは「ああ、真っすぐ立てる。前屈もできるし仕事も大丈夫そうだ。」と大変喜んでいただきました。

ズキッとするようになった

調子が悪くなったらしく3日後に再来院されましたので施術後の経過をお聞きしたところ、「施術後は調子良かったが、仕事で負担をかけたからだとは思うが、お尻の上の方の真ん中辺りが痛くなって階段を降りる時なんかにズキッとするようになった。」とのことでした。

そこで、今回ご指摘のお尻の上の部分と前回施術した部分をチェックしてみたところ、前回施術したところはほとんど改善していましたが、確かにお尻の上の部分の腰との境目辺りに傷んでいるところが確認できました。そこの部分を中心に施術を行いましたが、施術後は「楽になった。」と喜んでいただきました。

どこかに痛みがあると、身体は無意識に痛みが出ないようにかばう動きをしたり関係した筋肉を固めたりしますが、今回のお尻の上部の症状もそのせいかもしれません。

痛みを避けようとして、腹筋まで固まることも

ただ今回のように腰周辺が強烈な痛みに襲われたとき、例えばギックリ腰の場合もそうですが、その強烈な痛みを避けようとして腹筋までが固まってしまうことがあります。

腹筋まで固まってた場合は、ギックリ腰の施術が成功しても腹筋の施術をしないと腰が安定せず立てない状態が続くということになります。

そこで念のために腹筋のチェックをしてみとところ、やはり腹筋も傷んでいましたので腹筋への施術も行いました。

ご本人は腹筋施術の際の圧痛にビックリされていましたが、施術後は腰の動きはさらに良くなり「とても楽になった。」と大いに喜んでいただきました。

当院では、症状にあった療法を提供するようにしています

当院では多くの施術経験などを元に、今回のようにさまざまな症状の方に対しその症状に最も適した療法を提供するよう努めております。

もし身体に不調を感じておられる場合は、是非「古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院」にご相談ください。

どのような症でもしっかり対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

ご連絡をお待ちしております。

最新の院長ブログ

ブログカテゴリー

キーワード

治療院情報

アクセス・地図

古川カイロプラクティック
センター
さいたま整体院

〒339-0058

埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-24-32

電話番号 048-756-1371

[受付時間]

平日 9:00~20:00
土曜 9:00~17:00

[休診日]

火曜 / 木曜 / 日曜
年末年始 / お盆