院長ブログ

産後、小股でしか歩けないのは‟骨盤の歪み”のせい?/さいたま市岩槻区の30代女性

すぐ近くにお住いの産後2カ月になるお子さんを持つ女性が来院されました。

産後、小股でしかあるけない


初めての出産が終わり、それまで大股で歩いていたのが股関節の辺りや腰の辺りが痛くなるため小股でしか歩けなくなった。また、赤ちゃんを抱っこして立ち上がろうとすると、膝のお皿の下が痛くなるとのことでした。

身体検査

身体をチェックしてみると、骨盤には大したゆがみはなく、両股関節の動きが悪くなっていること、足を上げる働きをする筋肉の動きが制限されていること、膝を伸ばす太ももの前の筋肉が硬くなっていることなどが分かりました。産後だと骨盤のゆがみが原因ではないかと思われる方も多く実際にも骨盤が原因のことも多い訳ですが、この方の場合は骨盤が原因ではなかったようです。

子育て中の姿勢が原因

検査結果から考えられるのは、まず産後、特に初産のお母さんによくあるケースですが、赤ちゃんの世話をするときに慣れないため、ついつい取ってしまう無理な姿勢や動きが原因ではないかということです。例えば、授乳や抱っこ、おむつ替えなど、前屈みや中腰の姿勢を取ることが多くなったり、足を崩して座ることも多くなります。また左右どちらかに体重をかけてしまったりと身体に無理、負担をかけることになり、それが原因で様々な症状として現れる訳です。

産後、特に初めての出産のお母さんには難しい注文なのかもしれませんが、無理な姿勢や動きには十分気を付けてもらいたいと思います。

施術開始

検査の後、初回の施術を行いましたが、やはり股関節周辺の筋肉やじん帯がかなり硬くなっており強い圧痛が生じました。足を上げる筋肉のうちインナーマッスルと呼ばれる腸腰筋にも強い圧痛があり、これらが股関節の辺りの症状につながっていると思われます。また膝を伸ばす太ももの筋肉も硬くなっていて圧痛がありましたが、これは膝の痛みに関係していると思われます。

「トリガーポイント療法」でそれぞれの筋肉を施術した結果、ほとんど大股で歩けるように改善されました。1回目でかなり改善されたのには、ご本人もびっくりという感じでした。

2回目ご来院の際には膝の上の痛みは出なくなっていて、歩いたときに左足が動きにくく左のお尻の下の方に痛みが出るとのことでした。お尻の下の方の太ももの裏に付いている腸腰筋を施術したところ、3回目の来院時には問題なく大股で歩けるというところまで改善されていました。

その後もメンテナンス的に通院して、日々発生する疲れや筋肉のこりなどを解消していただいています。

当院では、マタニティコース・骨盤矯正も対応しています!

産後のお母さんは赤ちゃんのお世話で皆さん大変だと思いますが、できるだけ中腰の姿勢を避ける、同じ姿勢を長く続けない、時々ストレッチをするなどに気を付けて、いろんな症状が出なよう気を付けてください。
もし、身体に痛みや違和感、しびれなどが出て、なかなか治りそうにないなと感じられたら、なるべく早く専門の治療機関にご相談されることをお勧めします。早ければそれだけ早く改善します。長引かせないためにも早めにご対応されたがいいと思います。

当院は「マタニティコース」を用意していますが、産後の女性の対応にも骨盤矯正を始めとして実績もありますので安心してご相談ください。

当院のモットーである「確かな技術、丁寧な施術、誠実な対応」のもとで、しっかりと皆様のお悩みにお応えして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の院長ブログ

ブログカテゴリー

キーワード

治療院情報

アクセス・地図

古川カイロプラクティック
センター
さいたま整体院

〒339-0058

埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-24-32

電話番号 048-756-1371

[受付時間]

平日 9:00~20:00
土曜 9:00~17:00

[休診日]

火曜 / 木曜 / 日曜
年末年始 / お盆