院長ブログ

「手のしびれ」⇒ 頚椎の間が狭くなっているのが原因ではなかった!/さいたま市岩槻区の30代女性

手の痺れのイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト◆両手のしびれ

「両手がしびれてる。いろいろ行ったが治らない。」と訴えられる女性が来院されました。

「1年ぐらい前から左指先全部と右の母指先がしびれ始めた。最初、接骨院で半年、首のけん引とかの治療を受けたが治らなかったので整形外科に行った。MRIを撮られて、首の骨の間が狭くなっているのが原因で、一部炎症も起きていいるからと薬や湿布を貰って治療してもらったが治らなかったので当院に来た。」とのこと。

◆原因は「斜角筋症候群」?

首(頚椎)のチェックをしてみても頚椎症的な症状は出なかったので、手のしびれの原因となることの多い「胸郭出口症候群」のチェックをしたところ、その中の1つである「斜角筋症候群」の症状が出たためご本人にその旨伝えて施術に入りました。

斜角筋のリリース - YouTube「手のしびれ」の原因としては、当然、頚椎の異常が考えられますが、当院に来院された「手のしびれ」の患者さんでは「胸郭出口症候群」の比率が最も多いというのが実態です。その中でも「斜角筋症候群」の患者さんが一番多いです。

この方はビーチバレーボールが趣味で、その練習しているときに首に違和感を感じたことがあり、その後にしびれが出始めたとのことでした。ビーチバレーボールで両手を挙げて構える姿勢は、肋骨を引き上げる役目の「斜角筋」に負担をかける可能性があるので、練習時に「斜角筋」を傷められたのではないかと思われます。

病院だと、レントゲンやMRIなど画像に現れる変化を診て診断されることが殆どなので、今回のように筋肉の変化が原因の場合は見落とされる可能性がないとは言えないと思われます。

◆施術で改善

実際、「斜角筋症候群」の施術を数回行った結果、手のしびれは改善されました。

皆さまの中にも、医療機関等でなかなか治らないという状態の方がおられるかもしれませんが、そういう方は是非「古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院」にご相談ください。

しっかり対応させていただきますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。お待ちしております。

 

 

 

最新の院長ブログ

ブログカテゴリー

キーワード

治療院情報

アクセス・地図

古川カイロプラクティック
センター
さいたま整体院

〒339-0058

埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-24-32

電話番号 048-756-1371

[受付時間]

平日 9:00~20:00
土曜 9:00~17:00

[休診日]

火曜 / 木曜 / 日曜
年末年始 / お盆